2009年10月25日

パリーグのCSを終えて

岩隈が投げて打たれたならしょうがない。
最後まで、いい試合を見せてもらいました。


北海道に行ってからの日ハムは本当に強い!
去年と今年にかけて絶不調のキワミアッー!にあったひっちょりさんですら
CSでは爆発してましたしね。
元々いい選手だとはいえ、ここまでの活躍は予想してませんでした。

戦前の予想通り、楽天は先発の2人(永井は頑張りましたが)以外、軸となる先発が居らず
日ハムの能力をしっかり持った選手層の厚さに比べ
中継ぎにも代打にも苦労してました。
更には、大事な一戦にかける集中力と、経験に裏打ちされた大局観。
そして、何より大きいホームという地の利。

それらの要因が楽天の選手の勢いや、このシーズンに賭けた思いすら
全て受け止めて弾き返したような気がします。


恐らく、今後楽天の指揮をとるノムさんを見ることはできないでしょうが
今日の青山や、シャーパーこと中島、やらかしで御馴染みの中村。
天才と呼ばれた才能の片鱗を見せてくれた小さいおっさん、草野。
シーズン1本塁打ながらもCSで一発を見せてくれた、渡辺直人、高須。
ロッテの晩年や巨人時代は冷や飯を食わされながらも、
楽天に来てからは、その守備や小技が衰えてないことを見せてくれた小坂。
門田さんの持つ、HRの最年長記録を更新した山崎。
阪神ではヒドイ事故に会いながらも、この大舞台でマスクを被った中谷。
小物が大物に、そして本物になった鉄平。
随所でファインプレーやナイスバッティングを見せてくれたせぎのぅる。
最後はヒザが折れるんじゃないかと思ってみてました。ハム退団も故障のせいだし。
ハンカチ何某と比べ物にならないほど大きく成長したマー君。
……まだ、これで21歳なったばかりなんだぜ……。
そして、目を潤ませながらも志願の登板をした岩隈。

最後に、たった3年間でここまで連れて来てくれた野村監督。

本当にお疲れ様でした。
少し休まれたら、帰ってきてほしいです。
できれば、阪神が嬉しいんですが……もはや、今の阪神は阪神ではない何かになってますから
ノムさんが育てたいと思うような素材ではないかもしれませんね。

どこでもいいです。どのような形でもいいです。
まだ、ノムさんが野球を愛している姿が見たいです。
あと50年は生きてほしいです。
恐らく、奥さんの方は余裕で生きてるでしょう。問題なしです。


この一年で、野球がもっと好きになりました。
野村監督、ありがとうございました。
今は、ゆっくり休んでください。
そして、またぼやいてください。お願いします。



一やきぅバカより
posted by こんぶ | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33169381
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック